偏頭痛の原因 〜偏頭痛(地獄)は何処からやってくる?〜

偏頭痛というのは偏頭痛にかかった人にしか解りません。

 

かく言う私も頭痛持ちです。
長年、偏頭痛に悩まされています。

 

子供の頃からの付き合いなので、慣れっ子ではあるのですが、
痛いものはやはり痛いです。

 

なんと言いましょうか…
心臓の「鼓動音」がそのまま頭に響いて
何故かその鼓動音が「激痛」に変換されて、
それが断続的に永続的にガインガインと耳の奥で鳴り響き続ける感じです。

 

はっきり言って「地獄」です。
これはかかった人以外には絶対に理解されない症状だと思っています。

 

そして、偏頭痛が始まったが最後、
頭痛が過ぎ去るのをただ耐えるしかありません。

 

 

偏頭痛(地獄)は何処からやってくる?

 

この地獄(偏頭痛)は何処からやってくるのでしょうか?

 

今回の記事では、偏頭痛の原因についてお伝えしていこうと思います。

 

まずメカニズムを簡単に説明しますと‥

 

  1. 頭部の血管が拡張する。
  2. 炎症をおこす。
  3. 痛みが発生する。

 

このような3段階の構成で偏頭痛が発生します。

 

「1・頭部の血管が拡張する。」が大本の原因とも言えます。

 

では何故、頭部の血管が広がってしまうのでしょうか?

 

諸説ありますが以下の2つの説が有力と言われています。

 

血管説

 

人はストレスを感じた際、血管を収縮させる作用を持つ
「セロトニン」という物質を放出します。
そうすることで脳の血管が収縮します。

 

ですがその後、セロトニンがなくなった後、一度収縮した血管が
元に戻ることで拡張していまい、頭痛が発生します。

 

三叉神経血管説

 

脳の神経には「三叉神経」という物があります。
主に顔周辺の感覚を制御する神経なのですが、
その三叉神経が何かの刺激によって、血管を拡張させるような物質が放出され、
「痛みの原因となる物質」と呼ばれる「神経ペプチド」が分泌され、
三叉神経の周辺を刺激し、血管の周りに炎症を起こし頭痛が発生します。

 

以上の2つの説から、
本来、感情を落ちつかせる物質である、
セロトニンが大量分泌をする時や、
脳の血管を拡張させる刺激を受けた時が、
引き金になって起きていることが多いと考えられます。

 

例えば「過度な緊張状態からの緩和」や、
「睡眠不足」などの生活習慣の乱れ、
「急激な運動」「アルコールの摂取」などが誘発条件とも言えます。

 

いずれにせよ、誘発条件を自分自身で把握しておけば、
偏頭痛を予防できる可能性は高いと言えます。

 

原因となるべき事象を把握しておくだけでも、
偏頭痛の発生を防げる可能性がありますので、
予防の意味でも頭の片隅に記憶しておくのも良いかもしれません。

 


関連ページ

自宅で簡単☆偏頭痛の治し方
理解されにくい病気『偏頭痛』を自宅で簡単に治す方法をお伝えいたします。
偏頭痛が起きた時の対処方法まとめ
偏頭痛の「予兆」と「前兆」がありましたら間髪入れずにその対処方法に移ることが大切です。
吐き気を伴う頭痛の原因と危険度
吐き気を伴う頭痛の原因ならびにその危険度についてまとめてみました。
偏頭痛治療に使う2つの治療薬〜頓挫薬と予防薬
偏頭痛の治療は薬物による療法が主流と言われています。今回はこの薬物治療について説明します。
女性特有の偏頭痛が始まったときの藥を使わない対処法
ここではなるべく薬に頼らずに偏頭痛に対処する方法を挙げていきます。
偏頭痛を和らげるアロマをまだ知らないの?
偏頭痛が起きると鎮痛剤を飲んだり、こめかみを冷やしたりしますが、自然療法のアロマにも偏頭痛を和らげる効果があります。化学的な薬にあまり頼らずに、偏頭痛の痛みを緩和したい方にはおすすめの方法です。