偏頭痛を和らげるアロマをまだ知らないの?

 

偏頭痛とアロマ

偏頭痛が起きる原因はまだはっきりと解明されていません。
偏頭痛が起きると鎮痛剤を飲んだり、こめかみを冷やしたりしますが、
自然療法のアロマにも偏頭痛を和らげる効果があります。
化学的な薬にあまり頼らずに、偏頭痛の痛みを緩和したい方にはおすすめの方法です。

 

ただし、アロマには偏頭痛を根本的に治療する効果はありません。
その痛みを和らげる方法のひとつとしてとらえておきましょう。

 

アロマとは?

アロマ(aroma)は英語で「芳香、香り」という意味です。
植物や果物の香りの成分を利用し心を和ませることにより、
体の調子も改善するというヨーロッパで生まれた自然療法です。

 

アロマを使って心と体を癒すことをアロマテラピー(=アロマセラピー)といいます。

 

アロマテラピーは、エッセンシャルオイルと呼ばれる植物や果物からの抽出オイルを使い、
その香りにより気分を落ち着かせ、痛みの症状を和らげるなどの療法です。

 

エッセンシャルオイルの使い方は、香りを嗅ぐ、入浴に使う、植物油で希釈しマッサージする、
手や足浴に使う、湿布に使うなどが一般的です。

 

偏頭痛を和らげるアロマ

エッセンシャルオイルには、その種類により気分を和らげ、心身共にリラックスさせたり、
冷却したりする効果があり、それらの成分を皮膚から体内に取入れることで、偏頭痛の症状を和らげます。

 

偏頭痛のズキズキとする痛みを和らげる働きがあるのは、
ユーカリ、レモン、ラベンダー、ベルガモット、ローズマリーが代表的です。


それらのエッセンシャルオイルを、ココナッツオイルやホホバオイルなどの植物油で希釈し、
手の平で薄く伸ばしてから首の後ろに塗り、優しくマッサージします。
15分たてば拭き取りましょう。

 

この方法は入浴後、就寝前に行うとより効果的です。
また、冷たいタオルにオイルを数滴たらし、首やこめかみに冷湿布するのも良いでしょう。

 

浴槽にエッセンシャルオイルを数滴入れ、ゆっくりと半身浴をするのも偏頭痛を和らげる効果があります。
血行がよくなり、アロマがストレスを軽減してくれます。

 

ティッシュペーパーにオイルを数滴たらしたものを側に置いておくだけでも効果的です。
エッセンシャルオイルの香りを嗅ぐだけで、気分が落ち着いてくるのです。

 

アロマは自分で色々と試し、気に入ったものを使うこともできますが、
アロマテラピーの国際資格のIFPA認定アロマセラピストの資格を持つ専門家に相談すると、
自分に合った、より効果的なアロマを選んでもらえます。

 

現在日本では、アロマテラピーは医療行為としては認められていませんので、
あくまでも民間療法のひとつであるという事を覚えておきましょう。

 

関連ページ

自宅で簡単☆偏頭痛の治し方
理解されにくい病気『偏頭痛』を自宅で簡単に治す方法をお伝えいたします。
偏頭痛が起きた時の対処方法まとめ
偏頭痛の「予兆」と「前兆」がありましたら間髪入れずにその対処方法に移ることが大切です。
吐き気を伴う頭痛の原因と危険度
吐き気を伴う頭痛の原因ならびにその危険度についてまとめてみました。
偏頭痛の原因〜偏頭痛(地獄)は何処からやってくる?
偏頭痛の原因をしっかりと把握しておくことで、それに対処する方法が見つかります。
偏頭痛治療に使う2つの治療薬〜頓挫薬と予防薬
偏頭痛の治療は薬物による療法が主流と言われています。今回はこの薬物治療について説明します。
女性特有の偏頭痛が始まったときの藥を使わない対処法
ここではなるべく薬に頼らずに偏頭痛に対処する方法を挙げていきます。